AVEDAのパドルブラシがやっぱりいい!簡単3ステップでお手入れを

こんにちは。

「ほどほどに丁寧な暮らし」でラクに過ごしたい、うーです。

数年前、ロングヘアだったころに買ったパドルブラシ

AVEDAのものを好んで使っています

ちょっと前に、かなり流行ったような覚えがあるような、ないような

最近ちょっと汚れが蓄積してきたのが気になって、

ひさしぶりに掃除してみました

するとすっかり新品のようにきれいになり、

気持ち的にもすっきりして、朝からいい気分です

スポンサーリンク
レクタングル大




AVEDAのパドルブラシがすごいわけ

公式サイトによると、

1、適度なクッション性で頭皮に負担がかからない

2、ピンが髪をしっかりキャッチ、短時間でブローができる

3、パドル型の面が髪をホールド、くせ毛もきれいなストレートに

(引用 http://www.aveda.jp)

というのが、AVEDAパドルブラシの謳い文句なのですが

わたしが一番推したいのは、やはりそのクッション性!!

髪をいたって普通にとかしているだけなのに、なぜか心地よいのです

秘密はパドルブラシのクッションに空いた1か所の穴

使用した際にこの穴から空気の出し入れが頻繁にされ、頭皮の当たりが非常に優しいとのこと

また、柔らかなクッション性が頭皮の血行を促進にもよいそうで

確かに、気持ちよくていつまでもブラッシングしたくなるの、分かります

わたしはそこまでくせ毛ではないのですが、

今は伸ばしかけのボブあたりで、めっちゃはねやすい長さなんですよね…

でもこれでしっかりブラッシングして乾かした次の日は、

はねることなく、まとまりのよい髪になっていることが多いです

また、髪が全然からまない!これに尽きます

ブラッシングする上でのプチストレスから解放されますよ~

簡単なお手入れで、気持ちよさを保つ

パドルブラシのお手入れって、なんだか難しいイメージでしたが、

いろいろと調べた結果、わたしはこんな方法でやってみました

1、ブラシにからまった髪の毛を取り除く

専用のブラシとかあるみたいですけど、そんなの持ってません

指でちまちまとりました

めんどいけど、この作業けっこう好きなわたし

2、ブラシ面を下にし、木の部分をぬらさないよう、張ったぬるま湯で洗う

ブラシにこびりついた白っぽい汚れ、あれは埃と皮脂がこびりついたものなんだそうです

これらをぬるま湯でささっと簡単に洗ってみました

ブラシ面だけをお湯につけてちゃぷちゃぷ横に揺らすだけ

汚れがひどいときは、中性洗剤を薄めたぬるま湯洗うといいようです

木の部分は天然素材を使用しており、長時間水につけることは痛みの原因になるので

ブラシ部分だけをあくまでもささっと!

注意したいのは、クッションの穴の中に水が入らないようにすること

この中に水が入ると、中でカビが生えることもあるそうです(おそろしや)

3、ブラシ間の汚れは水を濡らした綿棒で

わたしは濡れたブラシをそのまま綿棒でこしこししました

案外、綿棒が茶色くなります

ちょっとかなしい気持ちになりますが、キレイになっている証拠です

4、水気をタオルでふき取り、ブラシ面を下にして陰干しする

タオルじゃなくても、よく振って水気を飛ばしてもよいそうな

とりあえずベランダの前のとこに、タオルを下にして乾かしました

あっちゅう間に乾きます

あれ?3ステップっていうたのに、4つになってる

乾かすのは掃除の項目に入らないよね、ねっ

とりあえずはぴかーん

やっぱり元祖なだけある

今はいろんなブランドからパドルブラシが発売されていますが、

やっぱり元祖のAVEDAならではの部分が数多くあるとおもいます

機能性・耐久性ももちろんのこと、見た目も高級感があり、

使っているだけで女子力が上がった気になります(お手軽)

もちろん男性が使っても気持ちよく、うちの旦那氏もブラッシングしてあげると大喜びします

あと育毛効果や頭皮改善効果もあるとか…血流促進すごい

汚いブラシで髪をといても美しくはなれないし、ブラッシングの効果は台無しに…

コスメなんかもそうですけど、

美しくなるツールを汚いままで使うって、もったいないですよね

こまめにブラシをきれいにして、身だしなみも丁寧にしたいと思った朝でした

インスタ

本日もお読みいただきありがとうございました。
 
 
インスタやってます!
よかったら遊びにきてください

 

ランキング

ランキングに参加しています。
よければクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大