ズボラー主婦が毎日できるフローリング床掃除について考えるシリーズ。無印と花王クイックルワイパーを比較するの巻

こんにちは。

「ほどほどに丁寧な暮らし」でラクに過ごしたい、うーです。

床掃除シリーズ、まだ続いております

梅雨も本格的になってまいりまして、外に出ることができない日が続きます

こんなときこそおうちのお掃除日和なんですよね

と、よくお掃除ブログで言われているようなことを自分でも書いてみることで、毎日の床掃除の習慣化を根付けるよう目論んでいるところです(ややこしい)

先日の無印良品週間にて、2点購入しました
フローリングモップ

アルミ伸縮式ポール

あ、あと、ダイソーのフローリングドライシート

かの有名な、クイックルワイパーとも迷ったのですが

スポンサーリンク
レクタングル大




花王のクイックルワイパーと無印のフローリングモップを比較

フローリングモップと言えば、有名なのが花王のクイックルワイパー

こちらの商品と、無印のものを簡単に比較してみました

無印のほうはわたしのレビューつき

1、値段

花王

約1800円(本体+ドライシート・ウェットシートが各1枚付いている)

無印

約900円(フローリングモップ490円・アルミ伸縮式ポール390円の合計)

うーさんの一言

なんか無印のほうが割高なイメージだったんですけど、やっぱり本家のほうがお高め!

しかし本体は一度買ったらそうそう買い替えずにすむところなので、あまり気にしません

無印のほうがヘッド部分?が割れやすいみたいなので、部分ごとに買い替えができるのは嬉しいところ…と思ったけれど、あまりにも割れるのが頻発するならリピートは難しいか

2、大きさ・重さ

花王

全長 約110 cm / 総重量 約340g

無印

アルミポール最長 116cm /総重量 約470g(モップ250g+アルミポール220g)※梱包材含む

うーさんの一言

花王のほうがコンパクトで軽く扱いやすいですね!

無印は重いけど、自分の好きな長さにできるのが強みですかね

まあでも少しくらい重くても、むしろちょっとした運動がてらに…と考えているくらいなので、わたしはそこまで重さは気にしません。100gちょっとの違いですし

けど無印の梱包材含むってなんで?そこいるの?よくわからん…

3、見た目

花王

ジョイント部分が3か所あり。モップ部分に「クイックルワイパー」とロゴあり(旧型?)

無印

ジョイント部分は1か所のみ、アルミポールは伸縮性

うーさんの一言

ジョイントが多ければ多いほどちとダサさが増すのは否めない…

あとクイックルのロゴはシート付けたら見えないんだろうけど、ロゴが目に付いたときに「あ…」と思ってしまいそう

(ただ最新の商品を見たわけじゃないので、今は違ってたらごめんなさい)

お掃除熱を上げるべく、見た目のスタイリッシュさにもこだわりたい派なのできびしめ評価

4、シートの差し込み口

花王

ツメ部分が柔らかくてシートも取れにくいようです

公式の参考画像が見当たらなくて残念…ググったら出てくるのでそっち見てね

無印

旧型のツメ部分は硬くて悪評レビューが後を絶たなかったので、最近リニューアルしたばかり

新型はちゃんと柔らかくなって、しかもシートも取れにくくなったとのこと!

けど公式レビューを見ているとまだシートが外れるといった意見もちらほら…

うーさんの一言

シート外れるうんぬんって方、付け方が悪いんじゃないのっていつも思う…

実際無印を使いだしてから、シート外れたことないです

5、商品の強み

花王

ゴミの取り込みなら最強。床にフィットしやすくゴミをキャッチしやすい構造

無印

使い捨てシートでもマイクロファイバーモップでも好きなタイプのモップを選べる

またヘッドを付け替えることで、コロコロやほうき・水切りなど多様に使い分けが可能

うーさんの一言

クイックルワイパー最強説はこのキャッチ力にありますよね!

この渦状のおかげでどんな安物シートを使ってもそれなりにゴミをキャッチできるという意見がネットを見る限り多かったです

無印の強みはその多様性!そしてそのアイテム全てがシンプルなデザインなのが素敵ですね

総評

まとめといたしまして

掃除の本分を発揮させたいなら<花王クイックルワイパー

スマートな掃除がお好みなら<無印フローリングモップ

がよろしいんではないでしょうか

わたしはモップをかけた後に、雑巾がけをしようかな~と思っていたので、最強のゴミ収集力はそこまで重視していなかったし、なにより見た目を気にしてしまったのが大きいです

本当に掃除が好きじゃないので、気分の上がる道具で掃除がしたかったのです

そして無印フローリングモップをお迎えした現在、楽しんで床掃除ができております

肝心のゴミキャッチ力はやっぱり小さな取り残しは少々あるけれど、大きなゴミは取り除けているのでわたし的には問題ないです

問題はこれを定期的に続けていけるかどうか!

次の考察内容はフローリングモップ掃除を簡単に続けられるコツについてですね!

(考察とかそんなたいそうなもんちゃうけど)
掃除用品システム・アルミ伸縮式ポール

掃除用品システム・フローリングモップ

インスタ

本日もお読みいただきありがとうございました。
 
 
インスタやってます!
よかったら遊びにきてください

 

ランキング

ランキングに参加しています。
よければクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 

スポンサーリンク
レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大